7月7日から第101回全国高校野球選手権大会の大分県大会が始まります。昨年は藤蔭高校が28年ぶり2回目の甲子園出場を果たしました。

今年の大分県大会は前年と同じ44校が参加します。

7月7日から始まる大分県大会を随時更新していきます。

概要

日程:7月7日()~24日(水)

参加校数:44校(前年比 ±0 )

使用球場:別大興産スタジアム

昨夏の代表校:藤蔭(1回戦)

2018年夏~2019年春までの県大会成績

2019春 2018秋 2018夏
優勝 大分工 明豊 藤蔭
準優勝 情報科学 大分 柳ヶ浦
ベスト4 大分舞鶴、三重総合 日本文理大付、津久見 明豊、佐伯鶴城
ベスト8 佐伯鶴城、鶴崎工、日本文理大付、中津東 大分工、藤蔭、佐伯鶴城、柳ヶ浦

主な注目選手

大畑蓮(明豊)、若杉晟汰(明豊)、野辺優汰(明豊)、江川侑斗(大分)、足立駿(大分)、翁長佳辰(日本文理大付)、東門寿哉(日本文理大付)、常広羽也斗(大分舞鶴)、川瀬堅斗(大分商)、山下健太郎(大分東明)

 

トーナメント表

(引用:大分県高等学校野球連盟

 

大会結果

※◎はシード校

 

優勝校:藤蔭高校(2年連続3回目)

 

7月28日() 決勝

 藤蔭 5-1 大分商

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大分商 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
藤蔭 1 0 0 1 0 0 3 0 × 5
 投手
大分商  田中→川瀬→岩尾
藤蔭  小宮→高田

 

7月26日(金) 準決勝

 藤蔭 6-5 大分工

 大分商 6-3 明豊

 

7月24日(水) 準々決勝

 大分工 4-3 杵築

 藤蔭 10-0 大分南

 大分商 8-7 情報科学

 明豊 7-0 中津東

 

7月23日(火) 3回戦

 情報科学 9-0 佐伯豊南

 明豊 5-0 大分上野丘

 中津東 1-0 国東

 

7月19日(金) 3回戦

 藤蔭 8-1 大分雄城台

 大分南 4-2 三重総合

 

7月18日(木) 3回戦

 杵築 5-4 別府翔青

 大分工 3-0 中津南

 大分商 2-0 日本文理大付

 

7月17日(水) 2回戦

 大分上野丘 9-1 宇佐産・双国

 中津東 5-2 臼杵

 国東 3-2 大分西

 

7月16日(火) 2回戦

◎情報科学 9-1 日田

 佐伯豊南 5-3 大分豊府

◎明豊 10-2 日田林工

 

7月15日() 2回戦

 大分南 3-0 大分鶴崎

◎日本文理大付 4-1 大分国際情報

 大分商 9-1 由布

 

7月14日() 2回戦

 藤蔭 8-0 ◎津久見

 大分雄城台 4-2 鶴崎工

◎三重総合 1-0 大分舞鶴

 

7月12日(金) 2回戦

 杵築 7-2 ◎大分

 別府青翔 6-1 宇佐

◎大分工 2-0 柳ヶ浦

 中津商 1-0 大分高専

 

7月11日(木) 1回戦

 大分上野丘 9-2 楊志館

 臼杵 9-2 大分東

 日田林工 3-2 別府鶴見丘

 

7月10日(水) 1回戦

 大分商 10-2 安心院

 日田 10-1 玖珠美山

 

7月9日(火) 1回戦

 大分雄城台 8-7 佐伯鶴城

 大分舞鶴 7-0 中津北

 大分国際情報 7-6 日出総合

 

7月8日(月) 1回戦

 別府翔青 10-3 高田

 柳ヶ浦 4-0 竹田

 藤蔭 6-2 大分東明

 

7月7日() 1回戦

 杵築 10-0 日田三隈


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です