1月24日に第92回選抜高校野球大会の出場校全32校が発表されました。

3月19日から始まるセンバツを目前に、ここでは全32校のベンチ入りメンバーや出身中学を紹介していきます。

今回は磐城高校です!

21世紀枠代表 磐城高校(46年ぶり3回目)

磐城高校野球部の選手情報

背番号 名前 学年 投/打 中学
1 沖 政宗 3 右/右 平第三中
2 ◎岩間 涼星 3 右/右 植田中
3 小川 泰生 3 右/右 植田中
4 今野 颯良 2 右/左 平第一中
5 首藤 瑛太 2 右/右 平第一中
6 市毛 雄大 3 右/右 植田東中
7 樋口 将平 3 右/左 上遠野中
8 草野 凌 3 右/右 湯本第一中
9 竹田 洋陸 3 左/左 四倉中
10 清水 真岳 3 右/左 中央台南中
11 佐藤 綾哉 2 右/右 中央台北中
12 國府田 将久 2 左/左 小川中
13 馬上 斗亜 3 右/右 上遠野中
14 上田 翼 2 右/右 錦中
15 白土 遥也 3 右/右 中央台南中
16 菅波 陸哉 3 右/右 大野中
17 野田 和孝 3 右/右 勿来第一中
18 柳澤 諄 2 右/左 磐崎中

 

公式戦の投/打 成績

個人投手成績

選手名 試合数 投球回 被安打 奪三振 与四球 失点
沖 政宗 9 69 2/3 55 46 20 12
佐藤 綾哉 5 19 1/3 20 17 5 13
國府田 将久 2 2 2 2 0 0

チーム打撃成績

試合数 安打 本塁打 打点 犠打 盗塁 失策 打率
10 92 0 39 35 12 21 .287

高校の情報

学校名 磐城
公/私 県立
所在地 福島県いわき市平字高月7番地
部員数 20人
監督 木村 保

校歌

峰は秀づ  赤い嶽

水は清し  夏井川

ここ磐陽の  学び舎に

ああ楽し  我等ともがら

 

地区大会の勝ち上がり

試合 結果 対戦校
1回戦 6-0 東海大山形
2回戦 2-1 能代松陽
準々決勝 3-6 仙台城南

チームの特徴

部員20人(うちマネジャー1人)と少人数ながら福島県3位、東北大会ベスト8と好成績を残し、46年ぶりのセンバツをものにした。

大黒柱の沖を中心に3人の投手が公式戦で登板し、接戦をものしてきた。

打線は平均得点4.5点、打率も.287と高くはないが少ないチャンスを確実に得点へと結びつけていることが分かる。

課題としては守備力の強化で10試合で21失策を記録した。

注目選手

沖 政宗(3年・投手)

チームを支えるタフネスエース。

公式戦では9試合に先発し、5完投(内2完封)を果たし、防御率は0.90と1点を切る。

最速は141㌔、スライダーやスプリットを投げ、69イニングで46個の三振を奪った。

小学生時代には楽天Jr.にも選出された経験を持ち、いわきシニアでは強豪私学の推薦もある中で、「勉強と野球を両立したい」と県内の進学校でもある磐城高校へと入学。

岩間 涼星(3年・捕手)

4番捕手として好守でチームを支える主将。

捕手としてエースの沖を巧みにリードし、打者としては4番を打ち、公式戦14安打9打点と打撃でもチームに貢献。

チーム打率が2割台の中で打率4割と少ない好機をものにして勝ち上がってきたチームの中では貴重な得点源となる。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です