1月24日に第92回選抜高校野球大会の出場校全32校が発表されました。

3月19日から始まるセンバツを目前に、ここでは全32校のベンチ入りメンバーや出身中学を紹介していきます。

今回は明豊高校です!

九州地区代表 明豊高校(2年連続4回目)

明豊高校野球部の選手情報

背番号 名前 学年 投/打 中学
1 ◎若杉 晟汰 3 左/左 明豊中
2 居谷 匠真 3 右/右 岩出第二中(和歌山)
3 狭間 大暉 3 右/右 津久見市第一中
4 中尾 圭 3 右/左 臼杵西中
5 中村 洸斗 3 右/右 明豊中
6 宮川 雄基 3 右/左 安心院中
7 小川 聖太 3 右/右 明豊中
8 布施 心海 3 右/右 豊中第一中(大阪)
9 為藤 隆心 3 左/左 吉富中(福岡)
10 山田 昭太 3 右/左 蒲江翔南中
11 氷見 星直 2 左/左 泗水中(熊本)
12 賀来 竜馬 3 右/左 安心院中
13 廣次 康生 3 右/左 耶馬渓中
14 竹本 凪海斗 3 右/左 国東中
15 川原 颯起 3 右/左 明豊中
16 幸 修也 2 右/右 別府市北部中
17 京本 眞 2 右/右 歌島中(大阪)
18 開 大輝 3 左/左 志免中(福岡)

 

公式戦の投/打 成績

個人投手成績

選手名 試合数 投球回 被安打 奪三振 与四球 失点
若杉 晟汰 7 35 2/3 35 21 20 17
氷見 星直 8 19 14 15 7 5
狭間 大暉 4 11 8 8 6 4
開 大輝 4 7 1/3 15 7 3 8

チーム打撃成績

試合数 安打 本塁打 打点 犠打 盗塁 失策 打率
10 136 10 101 17 22 8 .386

高校の情報

学校名 明豊
公/私 私立
所在地 大分県別府市野口原3088
部員数 65人
監督 川崎 絢平

校歌

はるか果てしなく長いこの道

君はひとりで歩きつづける

暑い夏の日も冬の朝も

明日の光が見えない夜も

希望だけを支えに

未来を創る旅

夢をあきらめないで

勇気自分を信じ

愛をその手で育てながら

 

地区大会の勝ち上がり

試合 結果 対戦校
1回戦 20-14 唐津商
準々決勝 7-6 沖縄尚学
準決勝 3-2 創成館
決勝 13-5 大分商
準々決勝(神宮) 4-5×(10回) 健大高崎

チームの特徴

昨年のセンバツベスト4を経験したメンバーが8人し九州大会優勝まで上り詰めた。

投手陣の柱は昨年から主力として活躍した若杉だが、秋季大会ではやや調子を崩した。その中で2年生の氷見や狭間、中学時代に全国優勝を経験している京本など投手陣は豊富。

打の中心は昨年からクリーンアップを任される布施。チームとしては10試合で10本塁打115得点と強力。

若杉の復調と他の投手陣の底上げが課題か。

注目選手

若杉 晟汰(3年・投手)

昨年のセンバツ4強入りの立役者となったサウスポー。

新チームでは主将・エースを兼任し公式戦7試合に登板。しかし、9月に右足薬指を疲労骨折し防御率3点台と本来の力を発揮できなかった。

140㌔前半の直球はキレがあり、スライダーやチェンジアップを駆使し、昨年の選抜では21イニングを投げて防御率2.08を記録した。

布施 心海(3年・外野手)

旧チームからクリーンアップを務めるプロ注目の右打者。

力強いスイングが特徴で秋の大会ではチームトップの4本塁打14打点、打率も.429と強打のチームを引っ張ってきた。

高校通算本塁打は22本、昨年の選抜では横浜・及川(阪神)からも安打を放ち、存在感を示した。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です