1月24日に第92回選抜高校野球大会の出場校全32校が発表されました。

3月19日から始まるセンバツを目前に、ここでは全32校のベンチ入りメンバーや出身中学を紹介していきます。

今回は天理高校です!

近畿地区代表 天理高校(5年ぶり24回目)

天理高校野球部の選手情報

背番号 名前 学年 投/打 中学
1 庭野 夢叶 3 右/右 八潮中(埼玉)
2 山元 太陽 3 右/右 能勢中(大阪)
3 河西 陽路 3 右/左 橿原中
4 田中 輝希 3 右/右 浜寺中(大阪)
5 ◎下林 源太 3 右/左 蒲生中(大阪)
6 杉下 海生 2 右/左 田尻町立中(大阪)
7 瀬 千皓 2 右/右 生駒市立上中
8 山地 祐輔 3 右/右 大阪市南中(大阪)
9 河村 拓民 3 右/右 藤島中(福井)
10 逸見 顕太郎 3 左/左 土成中(徳島)
11 田中 勝大 3 右/左 藤森中(京都)
12 吉岡 大誓 3 左/右 天理中
13 山田 孝徳 3 右/右 湯川中(和歌山)
14 福重 翔三 3 右/右 瀬戸中(岡山)
15 内山 陽斗 2 右/左 松原第四中(大阪)
16 嶋田 優心 3 右/右 東住吉中(大阪)
17 江口 巨樹 3 右/右 鍋島中(佐賀)
18 達 孝太 2 右/右 浜寺南中(大阪)

 

公式戦の投/打 成績

個人投手成績

選手名 試合数 投球回 被安打 奪三振 与四球 失点
庭野 夢叶 8 46 2/3 47 20 21 15
吉岡 大誓 7 22 2/3 22 17 6 11
嶋田 優心 3 2 1/3 2 2 4 3
福重 翔三 1 1 0 1 0 0

チーム打撃成績

試合数 安打 本塁打 打点 犠打 盗塁 失策 打率
13 142 20 101 9 11 15 .377

高校の情報

学校名 天理
公/私 私立
所在地 奈良県天理市杣之内町1260
部員数 56人
監督 中村 良二

 

校歌

見よ空高く輝くひかり

天理のみおやの導くところ

ひとすぢ心にただひのきしん

われらぞ御神の

光栄ある羽翼

天理青年進めわれら

 

地区大会の勝ち上がり

試合 結果 対戦校
1回戦 7-1 報徳学園
準々決勝 14⑥0 奈良大付
準決勝 5×-4 履正社
決勝 12-4 大阪桐蔭
準々決勝(神宮) 8-6 仙台育英
準決勝(神宮) 9-10× 中京大中京

チームの特徴

奈良県3位から下級生の活躍もあり、近畿大会優勝を果たした。

投手陣は主に、エース・庭野が台頭。また、2年生の達も近畿大会決勝で大阪桐蔭を相手に8回途中4失点で勝利投手になった。

打撃陣も1番の下林は打率が5割を超え、5番の河西は明治神宮大会の準決勝で大会記録となる1試合3本塁打を放つった。公式戦13試合で20本塁打120得点と攻撃力は全国トップクラス。

注目選手

河西 陽路(3年・内野手)

明治神宮大会で1試合3本塁打を記録した左の大砲。

2年夏まではベンチ外も、秋の公式戦では5番を打ち、打率は.452と好成績を残した。

中でも全国区に名を轟かせたのは明治神宮大会準決勝。のちに神宮大会を制した中京大中京の投手陣を相手に右へ2本、バックスクリーンへ1本とプロ注目の高橋宏からも本塁打を放った。

瀬 千皓(2年・外野手)

秋に一気にブレイクした2年生打者。

視力が0.1もないため、メガネを着用して試合に臨む。

近畿大会決勝で本塁打を放ち、その後の明治神宮大会(仙台育英戦)でも2戦連続となる本塁打を放つなど3安打5打点と大活躍。

2年生ながら3番を打ち、打率.375、4本塁打16打点と近畿大会優勝に大きく貢献した。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です