1月24日に第92回選抜高校野球大会の出場校全32校が発表されました。

3月19日から始まるセンバツを目前に、ここでは全32校のベンチ入りメンバーや出身中学を紹介していきます。

今回は県立岐阜商業高校です!

東海地区代表 県立岐阜商業高校(5年ぶり29回目)

県岐阜商高校野球部の選手情報

背番号 名前 学年 投/打 中学
1 森 大河 3 右/右 東安中
2 高木 翔斗 2 右/右 垂井町北中
3 宇佐美 佑典 2 右/右 笠松中
4 多和田 尚旗 3 右/左 不破中
5 ◎佐々木 泰 3 右/右 大垣市東中
6 服部 圭吾 3 右/右 羽鳥市中央中
7 塚原 大河 3 右/左 旭ヶ丘中
8 山田 蓮 3 右/右 美山中
9 佐竹 秀也 3 右/右 大垣市西中
10 松野 匠馬 2 右/右 鷹来中
11 西内 勇人 3 右/右 岩野田中
12 國枝 耕介 3 右/左 長森中
13 後藤 央典 3 右/右 長良中
14 廣部 嵩典 2 右/左 長良中
15 廣田 光晟 3 右/右 大野中
16 湊 将悟 2 右/右 笠松中
17 岩田 涼 3 右/右 平田中
18 野崎 慎裕 2 左/左 大垣市西中

 

公式戦の投/打 成績

個人投手成績

選手名 試合数 投球回 被安打 奪三振 与四球 失点
野崎 慎裕 11 44 38 34 12 14
森 大河 11 28 2/3 19 16 6 8
松野 匠馬 7 27 1/3 15 12 10 6
西内 勇人 4 9 5 11 3 3

チーム打撃成績

試合数 安打 本塁打 打点 犠打 盗塁 失策 打率
14 145 7 90 25 50 11 .349

高校の情報

学校名 県立岐阜商業
公/私 県立
所在地 岐阜県岐阜市則武新屋敷1816-6
部員数 50人
監督 鍛治舎 巧

校歌

緑滴る  金華山

水清冽の 長良川

山河自然の  化を享けて

城北の地に 聳え立つ

我が学び舎を  仰がずや

 

地区大会の勝ち上がり

試合 結果 対戦校
準々決勝 5-3 愛工大名電
準決勝 6×-5(10回) 加藤学園
決勝 6-9 中京大中京

チームの特徴

秀岳館時代に3期連続全国ベスト4入りを果たした名将・鍛治舎監督が就任して約2年でセンバツ出場を果たした。

投手陣は多彩で東海大会では5人の投手が登板し全試合継投で決勝まで勝ち上がってきた。

打線も強力でスタメン9人のうち7人が打率3割を超えるなど活発。主軸の佐々木や佐竹にも公式戦で本塁打を記録している。

また、スタメン全員に犠打を記録していることからどこからでもチャンスを演出し、得点へと結びつける力のあるチーム。

注目選手

佐々木 泰(3年・内野手)

高校通算34本塁打の今大会注目の右の強打者

2018年秋には練習試合で創志学園・西(阪神1位指名)から5打数5安打(サイクル安打)、2019年5月には星稜・奥川(ヤクルト1位指名)から4安打を放つなど全国トップクラスの投手から打ちまくった。

新チームからは主将・3番とチームの柱として3本塁打14打点と大活躍。

また、強肩を活かし、投手としてもプレーする。

野崎 慎裕(2年・投手)

背番号18ながら公式戦でチームトップのイニングを投げたサウスポー。

昨秋は公式戦11試合に登板し44イニングを投げ防御率2.05と安定した数字を残しエース格の投手であることを証明した。

中でも東海大会初戦の愛工大名電戦では5回2安打7奪三振と好投を演じた。

最速141㌔の直球とスライダーやカーブ、チェンジアップなど変化球は多彩で、緩急をつけた投球が持ち味。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です