いよいよ10月17日「運命の日」とも呼ばれる2019年度プロ野球ドラフト会議が開催されます。

今年のドラフト会議では163㌔を計測した「令和の怪物」の佐々木朗希選手をはじめとした投手に注目が集まります。

注目選手を複数団競合覚悟で指名するのか、競合を避けて単独1指名を狙う球団が現れるのかもしれません。

野球ファン注目の「10・17」で指名される可能性の高い選手、そして指名された選手を随時更新していきます。

 

2019年ドラフト会議 概要

正式名称:プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

開催日:10月17日(木)17時~開始予定

会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

主催:一般社団法人日本野球機構

特別協賛社:大正製薬株式会社

 

テレビ放送・ネット放送について

●テレビ放送:TBS系列全国ネット放送、スカイA

●インターネット放送:Paravi、Baseball Gate、Sports Bull

●ラジオ放送:日本放送

 

昨年の各球団ドラフト1位指名選手

球団 指名選手
西武 松本 航(日体大)
ソフトバンク ×小園 海斗→ ×辰巳 涼介→甲斐野 央(東洋大)
楽天 ×藤原 恭大→辰巳 涼介(立命大)
ロッテ 藤原 恭大(大阪桐蔭)
日本ハム ×根尾 昴→吉田 輝星(金足農)
オリックス ×小園 海斗→太田 椋(天理)
巨人 ×根尾 昴→ ×辰巳 涼介→高橋 優貴(八戸学院大)
DeNA ×小園 海斗→上茶谷 大河(東洋大)
阪神 ×藤原 恭大→ ×辰巳 涼介→近本 光司(大阪ガス)
広島 小園 海斗(報徳学園)
中日 根尾 昴(大阪桐蔭)
ヤクルト ×根尾 昴→ ×上茶谷 大河→清水 昇(国学院大)

 

昨年のドラフト会議では1巡目で小園海斗選手(報徳学園)に4球団、藤原恭大選手(大阪桐蔭)に3球団、根尾昴選手(大阪桐蔭)に4球団、松本航選手(日体大)を西武が単独指名と3選手が3球団以上の競合となりました。

今年のドラフト会議でも複数球団競合となる選手もいるでしょう。

特に競合が避けられない選手として佐々木朗希選手(大船渡)奥川恭伸選手(星稜)森下暢仁選手(明治大)の3投手が挙げられています。

 

今年の主な上位候補選手

投手では上記の3投手の他に様々な上位候補選手がいます。

高校生では最速154㌔右腕西純矢選手(創志学園)、ダルビッシュも絶賛した宮城大弥選手(興南)、高校投手BIG4に引けを取らないとも言われている落合秀市選手(和歌山東)、甲子園では実力を発揮できなかったものの潜在能力抜群の鈴木寛人選手(霞ヶ浦)などが注目です。

大学生では日体大コンビが注目です。

リーグ戦防御率0点台で最速154㌔右腕北山比呂選手、総合力の高い吉田大喜選手は上位で指名されると予想されます。

社会人では社会人NO,1といわれている河野竜生選手(JFE西日本)最速154㌔右腕で1位指名有力の宮川哲選手(東芝)、高校時代から注目されていた太田龍選手(JR東日本)は単独指名の可能性も高いです。

 

今年は投手に注目選手が多いため、ドラフト1位指名で野手は一本釣りできる可能性が高いです。そのため、来シーズンの補強として打力が課題なチームは単独指名を狙って野手を指名するかもしれません。

高卒野手としてはセンバツ優勝投手&U18日本代表で打者として活躍を見せた石川昂弥選手(東邦)、5期連続甲子園を経験した強肩強打の捕手の東妻純平選手(智辯和歌山関西NO,1」の守備力を誇る上野響平選手(京都国際)、甲子園で3本塁打を放ち初優勝へと導いた井上広大選手(履正社)、走攻守3拍子揃った森敬斗選手(桐蔭学園)が上位候補です。

大学生から「大学NO,1捕手」海野隆司選手(東海大)、打てる捕手として注目の集まる佐藤都志也選手(東洋大)のダブル捕手、俊足巧打の高部瑛斗選手(国士舘大)、高校時代から打力の評価が高いアベレージヒッターの勝俣翔貴選手(国際武道大)が注目です。

社会人は「社会人NO,1」野手佐藤直樹選手(JR西日本)小深田大翔選手(大阪ガス)、社会人屈指の捕手である保坂淳介選手(NTT東日本)といった選手は即戦力野手として上位で指名されるかもしれません。

 

中位・下位候補の選手(高校生)

高校生からは将来性豊かな選手や貴重な左投手が数多くいます。

右投手からは高校日本代表第一次候補に選出された経験を持つ150㌔右腕の小林珠維選手(東海大札幌)、昨夏の甲子園で150㌔を計測し注目を集めた井上広輝選手(日大三)完成度は高校生の中でも屈指ともいわれる前佑囲斗選手(津田学園)、17年に兄もプロ入りを果たしている最速153㌔右腕岡林勇希選手(菰野)、他にも浅田将汰選手(有明)谷岡楓太選手(武田)らは指名される可能性が高いです。

今年のプロ志望届を提出した高校生投手の中で、左投手は18人です。その中でも及川雅貴選手(横浜)に注目が集まります。上位で指名される可能性も高いですが、昨秋・センバツ・県大会と不本意な結果に終わり、制球力と変化球に不安が残っているため中位での指名の可能性もあります。

及川選手に引けを取らない左腕としては玉村昇悟選手(丹生)が挙がります。キレのある直球を武器に今夏の県大会では5試合で52個の三振を奪い、大会記録を更新しています。

技巧派左腕としては林優樹選手(近江)井上温大選手(前橋商)米山魁乙選手(昌平)らは数少ない左投手として指名されそうです。

 

高校生野手では捕手と遊撃手に好選手が集まっています。

奥川恭大選手とバッテリーを組み、準優勝を経験した山瀬慎之助選手(星稜)、今年の4月に高校日本代表に選ばれ、佐々木朗希選手の球を受け、夏にはベスト4に輝いた藤田健斗選手(中京学院大中京)が捕手では指名される可能性があります。

左の遊撃手ではU18日本代表に選ばれた武岡龍世選手(八戸学院光星)韮澤雄也選手(花咲徳栄)遠藤成選手(東海大相模)が、右打者では大型内野手の紅林弘太郎選手(駿河総合)が挙げられます。

他の内野手では5度の甲子園を経験した黒川史陽選手(智辯和歌山)「常総のバレンティン」の異名を持つ菊田拡和選手(常総学院)が将来のスラッガー候補として注目されます。

 

中位・下位候補の選手(大学生・社会人)

大学生では右の好投手が多いです。

がっちりとした体形から最速153㌔の直球を投げ込む稲毛田渉選手(仙台大)、サイドから150㌔近いストレートを投げる津森宥紀選手(東北福祉大)、森下暢仁選手とWエースとして活躍を見せた伊勢大夢選手(明治大)には上位~中位での指名の可能性が高いと思われます。

社会人投手からは150㌔を超える直球を投げ、完成度の高い小木田敦也選手(TDK)立野和明選手(東海理化)

左投手では9月の東芝戦で12奪三振を記録した浜屋将太選手(三菱日立パワーシステムズ)、左のワンポイントとして岩崎巧選手(日本製鉄室蘭シャークス)が挙げられます。

野手では強肩捕手の郡司裕也選手(慶応大)、ミート力に長けた柳町達選手(慶応大)、高校時代から注目されている宇草孔基選手(法政大)に期待です。

また、独立リーグからも加藤壮太選手(埼玉武蔵ヒートベアーズ)や俊足好守の平間隼人選手(徳島インディゴソックス)も即戦候補です。

 

2019年プロ野球志望届提出者数

プロ野球志望届は10月3日(木)に締め切られました。2019年のNPBドラフト会議の指名対象となるのは247人でその内訳は以下の通りです。

高校生 大学生
投手 64人 52人
捕手 18人 10人
内野手 32人 18人
外野手 25人 28人
合計 139人 108人

 

NPBの他に独立リーグを志望する選手も同様にプロ野球志望届を提出する必要があります。そのため、上記の計247人の中に独立リーグを希望する選手も含まれた人数となっています。

 

プロ志望届提出者一覧(高校生)はこちら

プロ志望届提出者一覧(大学生)はこちら

 

ドラフト会議 指名方法

今年のドラフト会議では昨年と同様に、各12球団が1巡目を同時に入札し、重複した場合は抽選を行います。

抽選に外れたチームは再入札し、重複した場合は再抽選。各12球団の1位指名選手が決定するまで以上のことを繰り返し行います。

2巡目の指名は「球団順位の逆順」で今年はセ・リーグから始まります。つまり

(セ・リーグの最下位→パ・リーグの最下位→・・・セ・リーグ首位→パ・リーグ首位)

という順番で指名します。

3巡目からは「球団順位」でパ・リーグから始めます。

以降は交互に繰り返し、全球団が「選択終了」となるか選択された選手の合計が120人に達したところで終了となります。

 

各球団指名選手一覧

指名選手合計107人(内育成ドラフト指名33名)

ヤクルト

順位 選手名 守備 所属名
1位 奥川 恭伸 投手 星稜高
2位 吉田 大喜 投手 日体大
3位 杉山 晃基 投手 創価大
4位 大西 広樹 投手 大商大
5位 長岡 秀樹 内野手 八千代松陰高
6位 武岡 龍世 内野手 八戸学院光星高

オリックス

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×石川 昂弥 内野手 東邦高
1位 ×河野 竜生 投手 JFE西日本
1位 宮城 大弥 投手 興南高
2位 紅林 弘太郎 内野手 駿河総合高
3位 村西 良太 投手 近畿大
4位 前 佑囲斗 投手 津田学園高
5位 勝俣 翔貴 内野手 国際武道大
育成
1位 佐藤 一磨 投手 横浜隼人高
2位 谷岡 楓太 投手 武田高
3位 中田 惟斗 投手 大阪桐蔭高
4位 平野 大和 外野手 日章学園高
5位 鶴見 凌也 捕手 常盤台高
6位 大下 誠一郎 内野手 白鴎大
7位 佐藤 優悟 外野手 仙台大
8位 松山 真之 投手 富山GRNサンダーバーズ

中日

順位 選手名 守備 所属名
1位 石川 昂弥 内野手 東邦高
2位 橋本 侑樹 投手 大商大
3位 岡野 祐一郎 投手 東芝
4位 郡司 裕也 捕手 慶応大
5位 岡林 勇希 投手 菰野高
6位 竹内 龍臣 投手 札幌創成高
育成
1位 松田 亘哲 投手 名古屋大

日本ハム

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×佐々木 朗希 投手 大船渡高
1位 河野 竜生 投手 JFE西日本
2位 立野 和明 投手 東海理化
3位 上野 響平 内野手 京都国際高
4位 鈴木 健矢 投手 JX-ENEOS
5位 望月 大希 投手 創価大
6位 梅林 優貴 捕手 広島文化学園大
7位 片岡 奨人 外野手 東日本国際大
育成
1位 宮田 輝星 外野手 福岡大
2位 樋口 龍之介 内野手 新潟アルビレックスBC
3位 長谷川 凌汰 投手 新潟アルビレックスBC

広島

順位 選手名 守備 所属名
1位 森下 暢仁 投手 明治大
2位 宇草 孔基 外野手 法政大
3位 鈴木 寛人 投手 霞ヶ浦高
4位 韮澤 雄也 内野手 花咲徳栄高
5位 石原 貴規 捕手 天理大
6位 玉村 昇悟 投手 丹生高
育成
1位 持丸 泰輝 捕手 旭川大高
2位 木下 元秀 外野手 敦賀気比高
3位 畝 章真 投手 香川オリーブガイナーズ

ロッテ

順位 選手名 守備 所属名
1位 佐々木 朗希 投手 大船渡高
2位 佐藤 都志也 捕手 東洋大
3位 高部 瑛斗 外野手 国士舘大
4位 横山 陸人 投手 専大松戸高
5位 福田 光輝 内野手 法政大
育成
1位 本前 郁也 投手 北翔大
2位 植田 将太 捕手 慶応大

阪神

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×奥川 恭伸 投手 星稜高
1位 西 純矢 投手 創志学園高
2位 井上 広大 外野手 履正社高
3位 及川 雅貴 投手 横浜高
4位 遠藤 成 内野手 東海大相模高
5位 藤田 健斗 捕手 中京学院大中京高
6位 小川 一平 投手 東海大九州
育成
1位 小野寺 暖 外野手 大商大
2位 奥山 皓太 外野手 静岡大

楽天

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×佐々木 朗希 投手 大船渡高
1位 小深田 大翔 内野手 大阪ガス
2位 黒川 史陽 内野手 智弁和歌山高
3位 津留崎 大成 投手 慶応大
4位 武藤 敦貴 投手 都城東高
5位 福森 耀真 投手 九州産業大
6位 瀧中 瞭太 投手 Honda鈴鹿
7位 水上 桂 捕手 明石商業高
育成
1位 江川 侑斗 捕手 大分高
2位 小峯 新陸 投手 鹿児島城西高
3位 山崎 真彰 内野手 ハワイ大
4位 澤野 聖悠 内野手 誉高

DeNA

順位 選手名 守備 所属名
1位 森 敬斗 内野手 桐蔭学園高
2位 坂本 裕哉 投手 立命館大
3位 伊勢 大夢 投手 明治大
4位 東妻 純平 捕手 智辯和歌山高
5位 田部 隼人 内野手 開星高
6位 蝦名 達夫 外野手 青森大
7位 浅田 将汰 投手 有明高

ソフトバンク

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×石川 昂弥 内野手 東邦高
1位 佐藤 直樹 外野手 JR西日本
2位 海野 隆司 捕手 東海大
3位 津森 宥紀 投手 東北福祉大
4位 小林 珠維 投手 東海大札幌高
5位 柳町 達 内野手 慶応大
育成
1位 石塚 綜一郎 捕手 黒沢尻工業高
2位 大関 友久 投手 仙台大
3位 伊藤 大将 内野手 八戸学院光星高
4位 勝連 大稀 内野手 興南高
5位 舟越 秀虎 外野手 城北高
6位 荒木 翔太 内野手 千原台高
7位 村上 舜 投手 山形中央高

巨人

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×奥川 恭伸 投手 星稜高
1位 ×宮川 哲 投手 東芝
1位 堀田 賢慎 投手 青森山田高
2位 太田 龍 投手 JR東日本
3位 菊田 拡和 外野手 常総学院高
4位 井上 温大 投手 前橋商業高
5位 山瀬 慎之助 捕手 星稜高
6位 伊藤 海斗 外野手 酒田南高
育成
1位 平間 隼人 内野手 徳島インディゴソックス
2位 加藤 壮太 外野手 埼玉武蔵ヒートベアーズ

西武

順位 選手名 守備 所属名
1位 ×佐々木 朗希 投手 大船渡高
1位 宮川 哲 投手 東芝
2位 浜屋 将太 投手 三菱日立パワーシステムズ
3位 松岡 洸希 投手 埼玉武蔵ヒートベアーズ
4位 川野 涼多 内野手 九州学院高
5位 拓殖 世那 捕手 Honda鈴鹿
6位 井上 広輝 投手 日大三高校
7位 上間 永遠 投手 徳島インディゴソックス
8位 岸 潤一郎 内野手 徳島インディゴソックス
育成
1位 出井 敏博 投手 神奈川大

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です